線状降水帯

国内ニュース

線状降水帯は、「次々と発生する発達した雨雲(積乱雲)が列をなした、組織化した積乱雲群によって、数時間にわたってほぼ同じ場所を通過または停滞することで作り出される、線状に伸びる長さ50〜300 km程度、幅20〜50 km程度の強い降水をともなう雨域」(気象庁が天気予報等で用いる予報用語)である。

お名前.com

Xserver Business

格安ドメイン名取得サービス『エックスドメイン』

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

ムームードメイン

線状降水帯か、長崎県で記録的大雨 佐世保には避難指示:朝日新聞デジタル
 梅雨前線に暖かく湿った空気が入り込み、25日未明から九州北部の広い範囲で雨が降った。長崎県内では早朝から猛烈な雨が降った。気象庁は、佐世保市、五島市、西海市、波佐見町に記録的短時間大雨情報を発表。佐…
長崎・佐賀で大雨 あすにかけて線状降水帯の発生に警戒(日直予報士)
きょう25日(木)は、活発な梅雨前線の影響で、長崎県や佐賀県を中心に記録的な大雨になっており、土砂災害の危険度が高くなっています。九州北部はあす26日(金)の朝にかけて断続的に非常に激しい雨や激しい雨が降り、さらに雨量が多くなります。土砂災害に厳重に警戒して下さい。低い土地の浸水や川の増水、氾濫にも警戒が必要です。
「線状降水帯」発生か 「50年に1度」 県北、五島で猛烈な雨 佐世保市の3時間雨量、観測史上最大に /長崎 - 毎日新聞
 梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、25日の県内は未明~明け方に県北地域や五島列島などで猛烈な雨が降った。佐世保市では3時間雨量が観測史上最大を記録。2017年の九州北部豪雨などで大きな被害をもたらした「線状降水帯」が発生したとみられる。26日午前にかけて非常に激しい雨が降る恐れ



タイトルとURLをコピーしました